Home > とくださんの徳な事ブログ一覧 > 今年は期待以上の収穫があり・・・【ブルーベリーのお話し 2022年その3と畑の様子】

スタッフブログ とくださんの徳な事 食べることにとっても興味があるスタッフ徳田が、訪ねたお店や日常のあれこれを紹介します!

今年は期待以上の収穫があり・・・【ブルーベリーのお話し 2022年その3と畑の様子】

投稿日:2022年07月22日 とくださんの徳な事ブログ一覧

少しずついちじくの苗が庭に増えているにもかかわらず、妻から何も言われないことにおびえている徳田でございます。 (*゚Д゚*)ェ…

 

さて、今回は、ブルーベリーと畑の様子の紹介です。今が収穫の最盛期で特に休日は忙しくしております。

(´・ω・`;A) アセアセ

それでは、わたしが育てている品種の一部を紹介したいと思います。

 

【ブライトウェル】

我が家では1本当たりの収穫量が1番多くて、誰からも好まれる味です。そして今年は例年以上に甘く粒も大きい。

 

 

 

 

【オレゴンブルー】

2014年に購入して収穫量がだんだんと減ってきたので、強剪定を昨年したところ今年は見事に復活!!種は少し気になりますが、とても甘い品種です。

 

 

 

【フロリダローズ】

とてもめずらしいピンク色のブルーベリー。味はフルーティで桃のよう。欠点は収穫の見極めが難しいこと。

 

 

【タイタンとクレイワー】

我が家では大きさで1番2番を争う品種。クレイワーのほうがタイタンよりも甘いです。良いことも多いのですが、タイタンは特に雨に弱い(実が割れてしまう)ので、雨除けが必要となります。収穫時期がちょうど梅雨と重なるのが頭を悩ませるところ。

 

 

↓ タイタン

 

↓ クレイワー

 

 

【パウダーブルー】

ブライトウェルよりも甘く、とても食べやすい品種です。

 

 

【ラヒ】

とても甘く(甘過ぎるくらい)女性が特に好む味です。今年は鈴なりになっています。

 

 

 

新しい品種もおもしろいのですが、結局は昔からある品種が育てやすく味も美味しいんですよね。

 

さてさて、次はいちじくの現在の様子です。

 

畑に植えてあるいちじく(品種:ホワイトゼノア)はこのように大きくなっています。そして、なかなか実が付かなったので心配していましたが、実をようやく確認することができてひと安心。 ドキドキp(*゚v゚`*)qワクワク

 

 

こちらは、今年購入して畑に植え付けたいちじく(品種:ホワイトイスキア)。

 

 

もともと実付きの良い品種なのと、信頼の出来るイチジク専門の苗屋さん(石附農園)から購入したので、さっそくたくさんの実を付けてくれました。 ャッタ─ヽ(*´v`*)ノ─ァァ!!

 

そして、こちらは去年購入して鉢で育てているいちじく(品種:ブリジャソットグリース)。9個の実が確認取れています。

 

 

こちらは、今年購入したいちじく(品種:コナドリア)。3個の実を付けていた苗が自宅に届きました。

 

 

今年のブルーベリーは、ありがたいことに昨年よりも収穫量が多く、収穫作業で毎日忙しくしています。来年も今年以上に収穫できますように!!

 

**********************************************

 

愛犬ころも暑いので冷却マットの上がお気に入り。

 

 

時々、変な場所で器用にくつろいでいます。

 

 

それでは、またお会いしましょう。