グローバルメニュー

Home > お客様窓口 > コンロ掃除のコツ

コンロ掃除のコツ

コンロ掃除の方法

フッ素コート品

油汚れ、吹きこぼれを強力にはじくから調理後はサッと拭くだけ。お手入れラクラク。
ただし、固いものでこするとフッ素が剥がれるので注意が必要です。

ガラストップ品

ガラストップ素材は、耐久性に優れ、色が剥げ落ちたりしません。

また、熱による膨張・収縮がほとんどなく、急激な温度差にも耐え、調理中に高温で割れる心配がありません。

従来のガスコンロに多かったステンレストップ素材よりも、汚れがこびりつきにくく、日常のお手入れは、ぬれたふきんなどで拭くだけでOKです。

ただし、ガラストップと言えども、汚れを放置しておくと五徳の周りなどに油汚れが硬く蓄積してきます。
五徳がさっとはずせるものを選び、日々、簡単なふき取りだけは行う必要があります。

使った後はこまめに掃除を

こまめな掃除

コンロ掃除で一番重要な事は、使用後にこまめに掃除することです。

台所のコンロなどの汚れは、使い終わって汚れがゆるんでいる間に拭き掃除を行っておく事が重要です。

一番良いのは、ガスコンロのゴトク・バーナーヘッド・魚焼き部分の焼網・引き出しなどバラバラに取り出して洗う事です。

吹きこぼれは、まずそのつど拭き掃除をしてください。
その次の日に延ばすと、次の料理の時に火であぶられて、汚れがはがれにくくなります。