グローバルメニュー

Home » お客様窓口 » 緊急時のご対応

緊急時のご対応

警報機が鳴った時

(1).まず、火を消してガス栓(元栓)を閉めてください。
(2).ドアや窓を開けて換気をしてください。
もれたガスは空気より重いため、室内の下部にたまっています。
空気が流れるようにドアと窓の2ヶ所以上開けてください。
(3).ガスがなくなれば、警報ブザーは自動的に鳴り止みます。
鳴り止んでからガスもれの箇所を点検してください。
注意)ガスもれの原因として、点火ミス、立ち消え、器具栓が完全に閉まっていない場合および、ゴム管のひび割れ等が考えられます。
(4).遮断弁を閉じているときは、ガスがもれていないこと、および屋内のすべてのガス器具栓が閉止してあることを確認して、
マイコンメーターの遮断弁を開けてください。(遮断弁を開けて約2分以上経過してから、ガスをご使用ください。)
(5).次の場合はただちに当社・つばめガスまでご連絡ください。
  • 警報ブザーが鳴り止まない時
  • 警報ブザーが鳴り止んでもガスもれ箇所がわからない時
  • ガスもれの原因がわかってもお客様で処置できない時
  • ガスもれがないのにマイコンメーターの遮断弁が閉じた時。
  • マイコンメータの遮断弁を開けてもすぐ閉じてしまう時

マイコンメーターの復帰方法

ガスが止まった場合

マイコンメーターの表示とその対応方法

遮断表示理由原因対応
* 流量遮断
  • ゴム管はずれ
  • ガス器具を増やす
  • 一度にたくさんのガスを使用した
  • ゴム管をしっかり取り付けてください
  • 器具数を減らして使用して下さい
* 使用時間遮断
  • 風呂などのガス器具の消し忘れ
  • コンロなどの長時間使用
  • 消し忘れのガス器具栓を閉めて下さい
  • コンロを時々止めて下さい
* 感震器作動遮断
  • ガス使用中に震度5相当以上の地震発生
  • ガス栓、器具栓を全て止めて下さい
  • 地震の後にガスを使用しないで下さい
* ガス漏れ警報器作動遮断
  • ゴム管はずれ
  • 立ち消え等によるガス漏れ
  • ゴム管をしっかり取り付けて下さい
  • 器具の着火、点火は常に目で確認して下さい
* 外部1作動遮断
  • ゴム管はずれ
  • 立ち消え等によるガス漏れ
    (ガス漏れ警報器連動)
  • 不完全燃焼によるCO発生
    (不完全燃焼警報器連動時)
  • ガス栓、器具栓を全て止めて下さい
  • ガス器具が古いため、COが発生したと思われます
  • すぐに原因を調べにお伺いします
* 圧力低下遮断
  • ガス圧力が異常に低下
  • ガス切れ
  • 容器のバルブが閉まっています
  • すぐに原因を調べにお伺いします
  • ガス切れですから容器を配送します
* 遮断異常
  • 遮断弁作動不良
  • 原因を調べにお伺いします

警報表示が出ている場合

マイコンメーターの表示とその対応方法

遮断表示理由原因対応
* 流量式微少漏洩警告
(赤ランプが4秒間隔で点滅)
  • メ-タ-の下流に漏れの疑い
  • 種火のつけっぱなし
  • 原因を調べにお伺いします
* 電池電圧低下警告
  • マイコンの電池電圧低下
  • メ-タ-を取り替えにお伺いします
* 圧力式微少漏洩警告
  • メ-タ-の上流、
    または下流に漏れの疑い
  • 原因を調べにお伺いします
* 調整圧異常警告
  • 調整器異常
  • 原因を調べにお伺いします
* 閉塞圧異常警告
  • 調整器異常
  • 原因を調べにお伺いします
  • 調整器を取り替えにお伺いします
* 警報器電源ランプ抜け警告
  • ガス漏れ警報器のプラグ抜け
  • (S型対応ガス漏れ警報器と連動している場合)

ガスが出なくなった時の復帰操作手順

ガスが出なくなった時の復帰操作手順

災害にあったら

次の場合はガスを使用すると危険です。

ガス漏れやガスの臭いがしていないかを確認!
ガス漏れやガス臭いときは、ガスを使用せず器具栓、ガスの元栓、ガスメーターバルブおよび容器バルブをすべて閉めて、LPガス販売店か緊急時連絡先に連絡してください。
ガス器具に損傷がないかを確認!
ガス器具が損傷していたときは、ガスを使用せず器具メーカーに修理を依頼してください。

余震や停電に注意してお使いください。

ガスがしゃ断された場合は、ガスメーターの表示を確認し復帰を行ってください。

「圧力が低下した時」や「大量漏えい」のしゃ断表示の場合は、LPガス販売店の点検を受けてください。