グローバルメニュー

IPv6(IPoE)接続サービス
(つばめプロバイダv6オプション)とは?

IPv6(IPoE)接続サービス(つばめプロバイダv6オプション)とは「IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6 接続方式」によるIPv6インターネット接続とIPv6ネットワーク上で実現するIPv4インターネット接続サービスの事で、つばめプロバイダをご契約いただいているお客様にオプションでご提供しております。※1
※1 別途対応機器が必要になりお客様でご準備いただく必要がございます。

IPv6(IPoE)接続サービス(つばめプロバイダv6オプション)とは?

IPv6接続サービス

つばめ光の接続は、IPv6(IPoE)接続サービスの導入で、高速化に向け品質向上に努めています。

IPv6(IPoE)接続サービスは、NTT西日本の次世代ネットワーク(NGN)を使用し、従来のフレッツ系インターネット接続方式「IPv4 PPPoE接続方式」ではなく、「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続方式」で接続するサービスです。

速度アップの仕組み

これまでの光接続は、PPPoE方式が一般的で、混雑してくると遅くなるなど時間帯によっても速度遅延が発生していましたが、IPoE方式のIPv6接続では、速度遅延を解消し、従来の接続に比べ高速化を実現しています。

「つばめプロバイダv6オプション」を利用すると

IPv6(IPoE)接続にするとどうなるの?

「つばめプロバイダv6オプション」を利用すると IPv6(IPoE)接続サービスをご利用いただく事で、接続方式がIPv4 PPPoE接続方式からIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続方式に変わります。接続方式が変わる事により、通信速度が遅くなる原因となっているPPPoEのトンネルや、NTT西日本が設置している網終端装置を通らなくてもよくなり、お客様のご利用中の回線が持つ本来の通信速度を引き出しやすくなることによって、快適にインターネットをご利用いただけるようになります。※2

※2 IPv6(IPoE)接続サービスはお客様がご利用中のインターネット回線の最大速度をお約束するものではございません。

IPv4接続もOK

「IPv4 over IPv6」とは、IPv4通信でも、IPv6(IPoE)の経路上を通れるようにする技術のことです。
これによって、IPv4通信でも高速通信が可能になります。

IPoE方式による高速接続

IPv4 over IPv6接続にあたっては、以下のいずれかをご確認ください。

ひかり電話対応ルーターをご利用の場合

ひかり電話対応ルーターを利用していない場合

※3 つばめプロバイダv6オプション対応機器が必要です。(対応機器一覧はこちら)

どうすればIPv6接続できるの?

つばめプロバイダのオプション提供

つばめ光では、つばめプロバイダをご契約いただいている方につばめプロバイダのオプション(つばめプロバイダv6オプション)としてIPv6(IPoE)接続サービスをご提供しています。※4
※4 つばめプロバイダのご契約がない場合はつばめプロバイダv6オプションが申込いただけません。

初期費用も毎月の利用料もかかりません

 

お申し込み・お問い合わせは

つばめ光サポートセンター

お電話でのお申し込み・お問い合わせ(受付時間 8:30~17:30(定休日 日・祝))

フリーダイヤル:0120-548-288

メールでのお申し込み・お問い合わせは

つばめ光お申し込みフォームはこちら